三角関数 例

ステップ 1
左辺から始めます。
ステップ 2
正弦と余弦に変換します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
商の恒等式を利用してを正弦と余弦で書きます。
ステップ 2.2
に逆数の公式を当てはめます。
ステップ 3
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.1
分子に分母の逆数を掛けます。
ステップ 3.2
の共通因数を約分します。
ステップ 4
両辺が等しいことが示されているので、この方程式は恒等式です。
は公式です
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。