微分積分学準備 例

ステップ 1
関数の規則を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1
関数の規則が1次方程式か確認します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.1
表が関数の規則に従っているか求めるために、値が線形形式に従っているか確認します。
ステップ 1.1.2
方程式の集合を、となるように表から作成します。
ステップ 1.1.3
の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.1
について解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.1.1
方程式をとして書き換えます。
ステップ 1.1.3.1.2
方程式の両辺からを引きます。
ステップ 1.1.3.2
各方程式ののすべての発生をで置き換えます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.1
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.2.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.2.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.2.1.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.2.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 1.1.3.2.2.1.1.2
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.2.1.1.3
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.2.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.2.3
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.2.4
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.4.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.4.1.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.4.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 1.1.3.2.4.1.1.2
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.4.1.1.3
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.4.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.2.5
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.2.6
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.6.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.6.1.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.6.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 1.1.3.2.6.1.1.2
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.6.1.1.3
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.6.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.2.7
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.2.8
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.8.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.8.1.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.8.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 1.1.3.2.8.1.1.2
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.8.1.1.3
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.8.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.2.9
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.2.10
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.10.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.10.1.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.2.10.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 1.1.3.2.10.1.1.2
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.10.1.1.3
をかけます。
ステップ 1.1.3.2.10.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.3
について解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.3.1
方程式をとして書き換えます。
ステップ 1.1.3.3.2
を含まないすべての項を方程式の右辺に移動させます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.3.2.1
方程式の両辺にを足します。
ステップ 1.1.3.3.2.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.3.3
の各項をで割り、簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.3.3.1
の各項をで割ります。
ステップ 1.1.3.3.3.2
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.3.3.2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.3.3.2.1.1
共通因数を約分します。
ステップ 1.1.3.3.3.2.1.2
で割ります。
ステップ 1.1.3.3.3.3
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.3.3.3.1
で割ります。
ステップ 1.1.3.4
各方程式ののすべての発生をで置き換えます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.1
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.4.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.2.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.2.1.1
をかけます。
ステップ 1.1.3.4.2.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.4.3
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.4.4
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.4.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.4.1.1
をかけます。
ステップ 1.1.3.4.4.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.4.5
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.4.6
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.6.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.6.1.1
をかけます。
ステップ 1.1.3.4.6.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.3.4.7
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.4.8
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.8.1
からを引きます。
ステップ 1.1.3.4.9
のすべての発生をで置き換えます。
ステップ 1.1.3.4.10
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.3.4.10.1
からを引きます。
ステップ 1.1.3.5
常に真である方程式を系から削除します。
ステップ 1.1.3.6
すべての解をまとめます。
ステップ 1.1.4
関係中の各の値を使っての値を計算し、この値を関係中の与えられたの値と比較します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.1
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.1.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.1.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.2
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.3
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.3.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.3.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.4
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.5
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.5.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.5.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.6
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.7
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.7.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.7.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.8
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.9
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.9.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.9.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.10
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.11
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.11.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.11.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.12
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.13
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.13.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.13.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.14
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.15
、およびのとき、の値を計算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1.4.15.1
をかけます。
ステップ 1.1.4.15.2
をたし算します。
ステップ 1.1.4.16
表に線形関数の規則があるならば、の値に対応するとなります。があるので、このチェックはパスします。
ステップ 1.1.4.17
対応する値についてなので、関数は一次関数ではありません。
関数は線形関数です。
関数は線形関数です。
関数は線形関数です。
ステップ 1.2
すべてがなので、関数は一次関数で、形をとります。
ステップ 2
を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
関数の規則の方程式を利用してを求めます。
ステップ 2.2
簡約します。
ステップ 3
を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.1
関数の規則の方程式を利用してを求めます。
ステップ 3.2
簡約します。
ステップ 4
すべての解をまとめます。
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。