微分積分学準備 例

, ,
ステップ 1
2つの方程式を選び、1つの変数を消去します。このとき、を消去します。
ステップ 2
システムからを消去します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
各方程式にの係数が反対になるような値を掛けます。
ステップ 2.2
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.1
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.1.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 2.2.1.1.2
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.1.1.2.1
をかけます。
ステップ 2.2.1.1.2.2
をかけます。
ステップ 2.2.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.2.1
をかけます。
ステップ 2.3
2つの方程式を加え、を方程式から消去します。
ステップ 2.4
終結式はが消去されています。
ステップ 3
別の2つの方程式を選び、を消去します。
ステップ 4
システムからを消去します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.1
各方程式にの係数が反対になるような値を掛けます。
ステップ 4.2
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.1
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.1.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 4.2.1.1.2
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.1.1.2.1
をかけます。
ステップ 4.2.1.1.2.2
をかけます。
ステップ 4.2.1.1.2.3
をかけます。
ステップ 4.2.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.2.1
をかけます。
ステップ 4.2.3
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.3.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.3.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 4.2.3.1.2
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.3.1.2.1
をかけます。
ステップ 4.2.3.1.2.2
をかけます。
ステップ 4.2.4
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.4.1
をかけます。
ステップ 4.3
2つの方程式を加え、を方程式から消去します。
ステップ 4.4
終結式はが消去されています。
ステップ 5
結果式をとり、他の変数を削除します。この場合、を削除します。
ステップ 6
システムからを消去します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.1
各方程式にの係数が反対になるような値を掛けます。
ステップ 6.2
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.2.1
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.2.1.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.2.1.1.1
分配則を当てはめます。
ステップ 6.2.1.1.2
掛け算します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.2.1.1.2.1
をかけます。
ステップ 6.2.1.1.2.2
をかけます。
ステップ 6.2.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.2.2.1
をかけます。
ステップ 6.3
2つの方程式を加え、を方程式から消去します。
ステップ 6.4
終結式はが消去されています。
ステップ 6.5
の各項をで割り、簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.5.1
の各項をで割ります。
ステップ 6.5.2
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.5.2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.5.2.1.1
共通因数を約分します。
ステップ 6.5.2.1.2
で割ります。
ステップ 6.5.3
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.5.3.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.5.3.1.1
で因数分解します。
ステップ 6.5.3.1.2
共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 6.5.3.1.2.1
で因数分解します。
ステップ 6.5.3.1.2.2
共通因数を約分します。
ステップ 6.5.3.1.2.3
式を書き換えます。
ステップ 7
の値をすでにを消去した方程式に代入し、残りの変数を解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.1
の値をすでにを消去した方程式に代入します。
ステップ 7.2
について解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.1.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.1.1.1
で因数分解します。
ステップ 7.2.1.1.2
で因数分解します。
ステップ 7.2.1.1.3
共通因数を約分します。
ステップ 7.2.1.1.4
式を書き換えます。
ステップ 7.2.1.2
をまとめます。
ステップ 7.2.1.3
をかけます。
ステップ 7.2.2
を含まないすべての項を方程式の右辺に移動させます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.2.1
方程式の両辺からを引きます。
ステップ 7.2.2.2
を公分母のある分数として書くために、を掛けます。
ステップ 7.2.2.3
をまとめます。
ステップ 7.2.2.4
公分母の分子をまとめます。
ステップ 7.2.2.5
分子を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.2.5.1
をかけます。
ステップ 7.2.2.5.2
からを引きます。
ステップ 7.2.2.6
分数の前に負数を移動させます。
ステップ 7.2.3
の各項をで割り、簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.3.1
の各項をで割ります。
ステップ 7.2.3.2
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.3.2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.3.2.1.1
共通因数を約分します。
ステップ 7.2.3.2.1.2
で割ります。
ステップ 7.2.3.3
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.3.3.1
分子に分母の逆数を掛けます。
ステップ 7.2.3.3.2
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 7.2.3.3.2.1
の先頭の負を分子に移動させます。
ステップ 7.2.3.3.2.2
で因数分解します。
ステップ 7.2.3.3.2.3
で因数分解します。
ステップ 7.2.3.3.2.4
共通因数を約分します。
ステップ 7.2.3.3.2.5
式を書き換えます。
ステップ 7.2.3.3.3
をかけます。
ステップ 7.2.3.3.4
をかけます。
ステップ 7.2.3.3.5
2つの負の値を割ると正の値になります。
ステップ 8
既知の各変数の値を最初の方程式の1つに代入し、最後の変数を解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 8.1
既知の各変数の値を最初の方程式の1つに代入します。
ステップ 8.2
について解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 8.2.1
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 8.2.1.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 8.2.1.1.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 8.2.1.1.1.1
共通因数を約分します。
ステップ 8.2.1.1.1.2
式を書き換えます。
ステップ 8.2.1.1.2
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 8.2.1.1.2.1
で因数分解します。
ステップ 8.2.1.1.2.2
共通因数を約分します。
ステップ 8.2.1.1.2.3
式を書き換えます。
ステップ 8.2.1.2
からを引きます。
ステップ 8.2.2
方程式の両辺からを引きます。
ステップ 9
連立方程式の解は、点として表すことができます。
ステップ 10
結果は複数の形で表すことができます。
点の形:
方程式の形:
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。