微分積分学準備 例

,
ステップ 1
の値を方程式に挿入し、順序対が解か求める。
ステップ 2
なので、方程式は常に真になります。
常に真
ステップ 3
値を用いると方程式は常に真になるので、順序対は解です。
順序対は方程式の解です。
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。