微分積分学準備 例

基数、偶数、またはどちらでもないか判定
ステップ 1
を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1
内のの出現回数をすべてに代入してを求めます。
ステップ 1.2
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.2.1
をかけます。
ステップ 1.2.2
積の法則をに当てはめます。
ステップ 1.2.3
乗します。
ステップ 1.2.4
をかけます。
ステップ 2
ならば関数は偶関数です。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
ならば確認します。
ステップ 2.2
なので、関数は偶関数ではありません。
関数は偶関数ではありません
関数は偶関数ではありません
ステップ 3
ならば関数は奇関数です。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.1
を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.1.1
をかけます。
ステップ 3.1.2
分配則を当てはめます。
ステップ 3.1.3
簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.1.3.1
をかけます。
ステップ 3.1.3.2
をかけます。
ステップ 3.1.3.3
をかけます。
ステップ 3.2
なので、関数は奇関数ではありません。
関数は奇関数ではありません
関数は奇関数ではありません
ステップ 4
関数は奇関数でも偶関数でもありません
ステップ 5
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。