微分積分学準備 例

,
最初の方程式からに番目の方程式への変換は、各方程式のを求め見つけることができます。
の係数をに等しくするため、絶対値からを因数分解します。
の係数をに等しくするため、絶対値からを因数分解します。
を求めましょう。
水平移動は、の値によって決定されます。のとき、水平移動は次のとおりです:
- グラフは左方向に 単位移動
- グラフは右方向に 単位移動
水平移動: なし
垂直移動は、の値によって決定されます。のとき、垂直移動は次のとおりです:
- グラフは上方向に単位移動
- The graph is shifted down units.
垂直移動: 下に単位
の符号は、x軸の反転を示します。 であれば、グラフがx軸に対して対称であることを意味します。
X 軸についての反射: なし
の値はグラフの垂直方向(y軸方向)の拡大や縮小を表します。
は垂直方向への拡大を意味します(グラフの幅が狭くなる)
は垂直方向への縮小を意味します(グラフの幅が広くなる)
垂直方向(y軸方向へ)の縮小または拡大:なし
変換を求めるには、2つの関数を比較して、水平または垂直移動があるか​​、x軸あるいはy軸について対称であるか、y軸方向の拡大があるかを確かめます。
親関数:
水平移動: なし
垂直移動: 下に単位
X 軸についての反射: なし
垂直方向(y軸方向へ)の縮小または拡大:なし
あなたの問題を入力してください
Mathway には、javascript と最新のブラウザーが必要です。