微分積分学準備 例

数式が組立除法を用いて因数であるか判断する
,
Divide using synthetic division and check if the remainder is equal to . If the remainder is equal to , it means that is a factor for . If the remainder is not equal to , it means that is not a factor for .
タップしてもっと手順を表示する...
除数と被除数を表す数字を、配列するように割り算に並べます。
  
被除数の最初の数は、結果欄の最初の位置(水平線の下)に置かれます。
  
結果欄の新しい数字に除数を掛け、その結果のを被除数の次の項の下に置きます。
  
掛け算の積と、被除数を足し、その結果を結果欄の次の位置に置きます。
  
結果欄の新しい数字に除数を掛け、その結果のを被除数の次の項の下に置きます。
  
掛け算の積と、被除数を足し、その結果を結果欄の次の位置に置きます。
  
結果欄の新しい数字に除数を掛け、その結果のを被除数の次の項の下に置きます。
 
掛け算の積と、被除数を足し、その結果を結果欄の次の位置に置きます。
 
最後の数を除くすべての数が、商多項式の係数になります。結果欄の最後の値は余りです。
商多項式を簡単化します。
除算の余りはで、に等しくなりません。余りがではないので、は、の因数ではありません。
の因数ではありません
あなたの問題を入力してください
Mathway には、javascript と最新のブラウザーが必要です。