微分積分学準備 例

ステップ 1
変数を含まないすべての項を方程式の右辺に移動させます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1
方程式の両辺からを引きます。
ステップ 1.2
からを引きます。
ステップ 2
の平方完成。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
を利用して、の値を求めます。
ステップ 2.2
放物線の標準形を考えます。
ステップ 2.3
公式を利用しての値を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.1
の値を公式に代入します。
ステップ 2.3.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.2.1.1
で因数分解します。
ステップ 2.3.2.1.2
共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.2.1.2.1
で因数分解します。
ステップ 2.3.2.1.2.2
共通因数を約分します。
ステップ 2.3.2.1.2.3
式を書き換えます。
ステップ 2.3.2.2
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.2.2.1
共通因数を約分します。
ステップ 2.3.2.2.2
式を書き換えます。
ステップ 2.4
公式を利用しての値を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.4.1
、およびの値を公式に代入します。
ステップ 2.4.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.4.2.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.4.2.1.1
乗します。
ステップ 2.4.2.1.2
をかけます。
ステップ 2.4.2.1.3
で割ります。
ステップ 2.4.2.1.4
をかけます。
ステップ 2.4.2.2
からを引きます。
ステップ 2.5
、およびの値を頂点形に代入します。
ステップ 3
を方程式の中のに代入します。
ステップ 4
両辺にを加えて、を方程式の右辺に移動させます。
ステップ 5
の平方完成。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.1
を利用して、の値を求めます。
ステップ 5.2
放物線の標準形を考えます。
ステップ 5.3
公式を利用しての値を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.3.1
の値を公式に代入します。
ステップ 5.3.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.3.2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.3.2.1.1
で因数分解します。
ステップ 5.3.2.1.2
共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.3.2.1.2.1
で因数分解します。
ステップ 5.3.2.1.2.2
共通因数を約分します。
ステップ 5.3.2.1.2.3
式を書き換えます。
ステップ 5.3.2.2
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.3.2.2.1
で因数分解します。
ステップ 5.3.2.2.2
共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.3.2.2.2.1
で因数分解します。
ステップ 5.3.2.2.2.2
共通因数を約分します。
ステップ 5.3.2.2.2.3
式を書き換えます。
ステップ 5.3.2.2.2.4
で割ります。
ステップ 5.4
公式を利用しての値を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.4.1
、およびの値を公式に代入します。
ステップ 5.4.2
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.4.2.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.4.2.1.1
乗します。
ステップ 5.4.2.1.2
をかけます。
ステップ 5.4.2.1.3
で割ります。
ステップ 5.4.2.1.4
をかけます。
ステップ 5.4.2.2
からを引きます。
ステップ 5.5
、およびの値を頂点形に代入します。
ステップ 6
を方程式の中のに代入します。
ステップ 7
両辺にを加えて、を方程式の右辺に移動させます。
ステップ 8
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 8.1
をたし算します。
ステップ 8.2
をたし算します。
ステップ 9
各項をで割り、右辺を1と等しくします。
ステップ 10
方程式の各項を簡約し、右辺をに等しくします。楕円または双曲線の標準形は、方程式の右辺がに等しいことが必要です。
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。