代数学準備 例

ステップ 1
角錐の表面積は、角錐の各面の面積の和に等しいです。角錐の底面は面積をもち、は長さに対する斜めの高さと幅に対する斜めの高さを表します。
ステップ 2
長さ、幅、および高さの値を角錐の表面積の公式に代入します。
ステップ 3
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.1
をかけます。
ステップ 3.2
積の法則をに当てはめます。
ステップ 3.3
乗します。
ステップ 3.4
乗します。
ステップ 3.5
乗します。
ステップ 3.6
を公分母のある分数として書くために、を掛けます。
ステップ 3.7
をまとめます。
ステップ 3.8
公分母の分子をまとめます。
ステップ 3.9
分子を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.9.1
をかけます。
ステップ 3.9.2
をたし算します。
ステップ 3.10
に書き換えます。
ステップ 3.11
分母を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.11.1
に書き換えます。
ステップ 3.11.2
正の実数と仮定して、累乗根の下から項を取り出します。
ステップ 3.12
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.12.1
共通因数を約分します。
ステップ 3.12.2
式を書き換えます。
ステップ 3.13
で割ります。
ステップ 3.14
1のすべての数の累乗は1です。
ステップ 3.15
乗します。
ステップ 3.16
をたし算します。
ステップ 4
近似解を小数位まで計算します。
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。