有限数学 例

クラメルの公式で行列を利用して解く
,
ステップ 1
連立方程式を行列形式で表します。
ステップ 2
係数行列の行列式を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
を行列式表記で書きます。
ステップ 2.2
行列の行列式は公式を利用して求めることができます。
ステップ 2.3
行列式を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.1.1
をかけます。
ステップ 2.3.1.2
をかけます。
ステップ 2.3.2
をたし算します。
ステップ 3
行列式がではないので、クラメルの公式を使って式を解くことができます。
ステップ 4
とするクラメルの公式での値を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.1
式の係数に対応する係数行列の列で置き換えます。
ステップ 4.2
行列式を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.1
行列の行列式は公式を利用して求めることができます。
ステップ 4.2.2
行列式を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.2.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.2.1.1
をかけます。
ステップ 4.2.2.1.2
を掛けます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.2.1.2.1
をかけます。
ステップ 4.2.2.1.2.2
をかけます。
ステップ 4.2.2.2
からを引きます。
ステップ 4.3
を解くにはこの公式を使います。
ステップ 4.4
公式のに、に代入します。
ステップ 4.5
分数の前に負数を移動させます。
ステップ 5
とするクラメルの公式での値を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.1
式の係数に対応する係数行列の列で置き換えます。
ステップ 5.2
行列式を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.2.1
行列の行列式は公式を利用して求めることができます。
ステップ 5.2.2
行列式を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.2.2.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.2.2.1.1
をかけます。
ステップ 5.2.2.1.2
をかけます。
ステップ 5.2.2.2
からを引きます。
ステップ 5.3
を解くにはこの公式を使います。
ステップ 5.4
公式のに、に代入します。
ステップ 5.5
分数の前に負数を移動させます。
ステップ 6
連立方程式の解を記載します。
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。