有限数学 例

クラメールの公式で数列を解く
,
変数が含まれているので、式の左側にを移動します。
変数が含まれているので、式の左側にを移動します。
変数が含まれていないので、式の右側に を移動します。
連立方程式を行列の形で表します。
の行列式はです。
タップしてもっと手順を表示する...
両方とも行列の行列式の有効な表記です。
の行列式は公式を使い求めることができます。
行列式を簡約します。
タップしてもっと手順を表示する...
各項を単純化します。
タップしてもっと手順を表示する...
Multiply by .
Multiply by .
Subtract from .
の行列式はです。
タップしてもっと手順を表示する...
両方とも行列の行列式の有効な表記です。
の行列式は公式を使い求めることができます。
行列式を簡約します。
タップしてもっと手順を表示する...
各項を単純化します。
タップしてもっと手順を表示する...
Multiply by .
Multiply by .
Subtract from .
の行列式はです。
タップしてもっと手順を表示する...
両方とも行列の行列式の有効な表記です。
の行列式は公式を使い求めることができます。
行列式を簡約します。
タップしてもっと手順を表示する...
各項を単純化します。
タップしてもっと手順を表示する...
Multiply by .
Multiply by .
Subtract from .
の値を求めるために、というクラメルの公式を使います。この場合、です。
タップしてもっと手順を表示する...
分子からかっこを削除します。
負の記号を分数の前に移動します。
の値を求めるために、というクラメルの公式を使います。この場合、です。
タップしてもっと手順を表示する...
分子からかっこを削除します。
負の記号を分数の前に移動します。
クラメルの公式を使った連立方程式の解です。
あなたの問題を入力してください
Mathway には、javascript と最新のブラウザーが必要です。