有限数学 例

ステップ 1
の被開数を以上として、式が定義である場所を求めます。
ステップ 2
について解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
不等式の両辺からを引きます。
ステップ 2.2
の各項をで割り、簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.1
の各項をで割ります。
ステップ 2.2.2
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.2.1.1
共通因数を約分します。
ステップ 2.2.2.1.2
で割ります。
ステップ 2.2.3
右辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.3.1
で割ります。
ステップ 3
定義域は式が定義になるのすべての値です。
区間記号:
集合の内包的記法:
ステップ 4
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。