代数 例

各方程式の傾きを求める
,
ステップ 1
傾き切片型を利用して傾きを求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 1.1
傾き切片型はです。ここでが傾き、がy切片です。
ステップ 1.2
傾き切片型を利用すると、傾きはです。
ステップ 2
傾き切片型を利用して傾きを求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
傾き切片型はです。ここでが傾き、がy切片です。
ステップ 2.2
傾き切片型を利用すると、傾きはです。
ステップ 3
連立方程式を立て、交点を任意の点を求めます。
ステップ 4
連立方程式を解き、交点を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.1
各方程式の等辺を消去し、組み合わせます。
ステップ 4.2
についてを解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.1
を含むすべての項を方程式の左辺に移動させます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.1.1
方程式の両辺からを引きます。
ステップ 4.2.1.2
からを引きます。
ステップ 4.2.2
の各項をで割り、簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.2.1
の各項をで割ります。
ステップ 4.2.2.2
左辺を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.2.2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.2.2.2.1.1
共通因数を約分します。
ステップ 4.2.2.2.1.2
で割ります。
ステップ 4.3
のとき、の値を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.3.1
に代入します。
ステップ 4.3.2
に代入してを解きます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.3.2.1
括弧を削除します。
ステップ 4.3.2.2
括弧を削除します。
ステップ 4.3.2.3
を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.3.2.3.1
を公分母のある分数として書くために、を掛けます。
ステップ 4.3.2.3.2
をまとめます。
ステップ 4.3.2.3.3
公分母の分子をまとめます。
ステップ 4.3.2.3.4
分子を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.3.2.3.4.1
をかけます。
ステップ 4.3.2.3.4.2
をたし算します。
ステップ 4.4
式の解は、有効な解である順序対の完全集合です。
ステップ 5
傾きが異なるので、直線は1つだけ交点をもつことになります。
ステップ 6
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。