代数 例

対称を求める
ステップ 1
関数が奇関数、偶関数、またはそのどちらでもないか判定し、対称を求めます。
1. 奇数のとき、この関数は原点に対して対称です。
2. 偶数のとき、関数はy軸に対して対称です。
ステップ 2
を求めます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
内のの出現回数をすべてに代入してを求めます。
ステップ 2.2
積の法則をに当てはめます。
ステップ 2.3
乗します。
ステップ 2.4
をかけます。
ステップ 3
ならば関数は偶関数です。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 3.1
ならば確認します。
ステップ 3.2
なので、関数は偶関数ではありません。
関数は偶関数ではありません
関数は偶関数ではありません
ステップ 4
ならば関数は奇関数です。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.1
をかけます。
ステップ 4.2
なので、関数は奇関数です。
関数は奇関数です。
関数は奇関数です。
ステップ 5
関数が奇数なので、原点に対して対称です。
原点対称
ステップ 6
関数が偶数ではないので、y軸に対して対称ではありません。
y軸対称がありません
ステップ 7
関数の対称性を判定します。
原点対称
ステップ 8
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。