代数 例

0の境界を求める
ステップ 1
関数の首位係数を確認します。この数は、最大次数の式の係数です。
最大次数:
首位係数:
ステップ 2
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1.1
共通因数を約分します。
ステップ 2.1.2
で割ります。
ステップ 2.2
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.1
で因数分解します。
ステップ 2.2.2
共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.2.2.1
で因数分解します。
ステップ 2.2.2.2
共通因数を約分します。
ステップ 2.2.2.3
式を書き換えます。
ステップ 2.3
の共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.1
で因数分解します。
ステップ 2.3.2
共通因数を約分します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.3.2.1
で因数分解します。
ステップ 2.3.2.2
共通因数を約分します。
ステップ 2.3.2.3
式を書き換えます。
ステップ 2.4
分数の前に負数を移動させます。
ステップ 3
の首位係数を除いた関数の係数のリストを作成します。
ステップ 4
の2つの界の選択肢があり、小さい方が答えです。最初の界の選択肢を計算するために、係数のリストから最大係数の絶対値を見つけます。次にを足します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 4.1
項を昇順に並べます。
ステップ 4.2
最大値は配置されたデータセットの中で最大の値です。
ステップ 4.3
は約。負の数なのでは無効で、絶対値を削除します
ステップ 4.4
を公分母をもつ分数で書きます。
ステップ 4.5
公分母の分子をまとめます。
ステップ 4.6
をたし算します。
ステップ 5
2番目の界の選択肢を計算するために、係数のリストから係数の絶対値を合計します。合計がより大きい場合、その数を利用します。そうでない場合は、を利用します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.1
各項を簡約します。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.1.1
は約。正の数なので絶対値を削除します
ステップ 5.1.2
は約。負の数なのでは無効で、絶対値を削除します
ステップ 5.2
分数をまとめます。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 5.2.1
公分母の分子をまとめます。
ステップ 5.2.2
をたし算します。
ステップ 5.3
項を昇順に並べます。
ステップ 5.4
最大値は配置されたデータセットの中で最大の値です。
ステップ 6
の間の小さい方の界をとります。
小境界:
ステップ 7
の各実根はの間にあります。
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。