代数 例

因数定理を利用してx=1が因数であるか判定する
,
ステップ 1
筆算での除算の問題を設定し、における関数を求めます。
ステップ 2
組立除法を使って割ります。
タップして手順をさらに表示してください…
ステップ 2.1
除数と被除数を表す数を除法のような配置にします。
  
ステップ 2.2
被除数の1番目の数を、結果領域の第1位(水平線の下)に置きます。
  
ステップ 2.3
結果の最新の項目に除数を掛け、の結果を被除数の隣の項の下に置きます。
  
ステップ 2.4
かけ算の積とわり算した数をたし、結果行の次の位置に結果を記入します。
  
ステップ 2.5
結果の最新の項目に除数を掛け、の結果を被除数の隣の項の下に置きます。
 
ステップ 2.6
かけ算の積とわり算した数をたし、結果行の次の位置に結果を記入します。
 
ステップ 2.7
最後の数以外のすべての数は、商の多項式の係数になります。結果行の最後の値は余りです。
ステップ 2.8
商の多項式を簡約します。
ステップ 3
組立除法の余りは剰余定理をもとにした結果です。
ステップ 4
余りが0に等しいので、は因数です。
は因数です
ステップ 5
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。