代数 例

変換について説明
,
ステップ 1
第1方程式から第2方程式への変換は、各方程式の、およびを求めることで求められます。
ステップ 2
絶対値でを因数分解し、の係数とを等しくします。
ステップ 3
絶対値でを因数分解し、の係数とを等しくします。
ステップ 4
、およびを求めます。
ステップ 5
水平方向の偏移はの値に依ります。のとき、水平方向偏移は次のように記述されます。
- グラフを左のユニットにシフトする。
- グラフを右のユニットにシフトする。
水平偏移:右単位
ステップ 6
垂直偏移はの値に依ります。のとき、垂直偏移は次のように記述されます。
- グラフを上のユニットにシフトする。
- The graph is shifted down units.
垂直偏移:なし
ステップ 7
の符号は、x軸に対して対称移動を表します。は、グラフがx軸に対して対称移動していることを意味します。
x軸に対して対称移動:なし
ステップ 8
の値は、グラフの垂直伸長または垂直圧縮を表します。
は垂直偏移(幅を狭くする)です
は垂直圧縮(幅を広げる)です
垂直圧縮または垂直伸長:なし
ステップ 9
変換を求めるために、2つの関数を比較し、水平偏移または垂直偏移、x軸またはy軸に対して対称移動、および垂直伸長があるかを確認します。
親関数:
水平偏移:右単位
垂直偏移:なし
x軸に対して対称移動:なし
垂直圧縮または垂直伸長:なし
ステップ 10
問題を入力
Mathwayをお使いになるにはjavascriptと最新のブラウザが必要です。